interview2 interview2


かもしか病院

看護師 熊倉敬祐

看護師 熊倉敬祐

医療法人社団しただを志望した動機を教えてください。

看護師になった際に急性期と慢性期両方やりたいな、と考えていました。前の職場は急性期の病院でして、そろそろ慢性期の療養での看護もやってみたいと思い、かもしか病院などの施設見学をさせて頂き印象が良かったので応募しました。

日々のお仕事の様子を教えてください。

スタッフみんなで日々協力して業務にあたっている印象が強いです。
今までやって来たことにとらわれずにいい提案があれば取り入れていこうという柔軟な雰囲気がありますね。かもしか病院の設立が10年と少しということでほかの病院から来たというスタッフが多いのですが、前の病院の事例をいい形で取り入れたりしています。
そして会議や話し合いという形のような改まった形だけでなく、日々の会話から業務が改善されている気がします。
看護と介護など、職種間の隔たりというのは感じないですね。

職場の雰囲気はどうですか。

風通しが良くてお互い意見を言える雰囲気ですね。医療の職場は男性が少ないのですがここは男性スタッフも多く、働きやすい職場だと思います。

今までのお仕事の中で印象深い出来事があれば教えてください。

具体的なことではないのですが以前勤めていた急性期は入院される方が良くなることが前提だと思います。かもしか病院ももちろん入院される方が良くなることを目指すのですが、苦痛を取り除き楽に生活して頂くという過程がこの病院では重要なもののひとつだなと感じます。そのような状況でのご利用者とのかかわり方ですよね。
あと、かもしか病院での、お亡くなりになったご利用者のお見送りに最初は驚きました。
以前勤務していた病院では亡くなられた方が周りにわからないように裏口などから出ていました。それがあたり前だと思っていたのですが、かもしか病院ではお亡くなりになった方も表玄関から日中に出て行かれる。普通に面会や外来に来られた方とすれ違いますのでびっくりしました。そんな時にご家族から深々とお辞儀されて「ありがとうございました」と。それはいろいろ想うところがあります。

お仕事を進めていく上でのモットー、座右の銘などありましたら教えてください。

「日々立ち止まってみる」ことが大事かなと考えています。「今の感じでいいのかな」と。これをしないとケアが作業になってしまう気がします。毎日ではなく、そして失敗した時だけでなく、仕事がすごくいい流れでうまくいっている時こそ立ち止まって振り返るようにします。悪いときは自然と振り返りますよね。いい時は何やっても上手くいくじゃないですか。そんな時に上手く行った理由を振り返り、答えが見えれば上手く行かない時のヒントになるのではないかなと思います。

残業、ありますか。

ほぼ定時に帰れます。日勤17:30が定時ですが残業は本当に少ないです。業務をみんなで協力して終わらせようとしますね。本当にここがこの職場のいいところで、夕方になると「何かやることありますか」とか「終わってないことありますか」とみんなで声を掛け合いますよね。
前の勤務先のほうが自宅に近いのですが、今のほうが早く帰れますね(笑)。