interview4 interview4


介護老人保健施設いっぷく

介護士 深町智子

介護士 深町智子

医療法人社団しただを志望した動機を教えてください。

介護職は高校の科目で福祉関連のものがあったり、同居していたおばあちゃんが病院に入院したり施設のサービスを利用するなどでなじみがありました。しただを志望したのは 高校の夏休みに施設見学でこちらに来て雰囲気も良くて。おばあちゃんの利用しているほかの施設のデイサービスの雰囲気はあまりピンとこなかったのですがこちらの施設は明るい雰囲気で。そして求人が出ていたほかの施設より給料が良かった(笑)。大事ですよね(笑)。

お仕事の様子を教えてください。

棟のリーダーになってまとめる立場ですが、日々楽しんで仕事をしています。
月一回の話し合いでご利用者の視点で業務が良い方向に向かうように心がけています。
例えば施設の中を飾る、というのも施設の壁、そのまんまだと殺風景ですよね。それを壁画で飾ったり。また栄養課と協力して調理レクリエーションなど行ったり。クレープやホットケーキなど、私も好きなんですが(笑)。施設に入るとそのようなものを食べる機会なかなかないですし。入所されている方も甘いもの喜ばれますし。
大変なこともあるけど、何でも周りに相談しやすいです。それが気軽にできる環境だと思います。心掛けていることは、やはりご利用者には笑顔でいることですよね。自分が笑顔なら相手も笑顔になりますから。

新人の頃の失敗談、あれば教えてください。

高校出て新人の時に、自分の日々を記録する教育シートがあるのですが、それに「顔文字」を使ったら怒られました(笑)。嬉しかったことがあったので「にっこりマーク」書きました。叱られました(笑)。あと、寝坊しました(笑)もちろん今はしませんが。
最初に配属されたのが認知症棟だったのですが、「夕暮れ症候群」というものがあって夕方になるとみなさんおうちに帰りたくなって立ち上がる。最初は本当にびっくりしました。今はその方々のお話をたくさん聞いたり、一緒に徘徊したり(笑)。最初は認知症の方は怖いというイメージがあったのですが全然そんなことはなかったです。

今の職場の雰囲気を聞かせてください。

ここに入る前は看護師さん、怖い(笑)とか、話しにくい、というイメージがあったのですが、そんなことはなくて気軽に話し合える雰囲気があります。職種が違う方でもコミュニケーションがちゃんと図れるなと。
職員同士、みんなで助け合ってコミュニケーション取りながら仕事を進めるいい関係ができていると思います。介護職は今あんまりいいイメージがないということですが、私はそんなマイナスイメージはないですね、5年やって。友人が別の施設で介護職を辞めるという話を聞いたのですが、理由が人間関係とか。周りの人たちに相談する人がいなかったのかなと。ここは相談できる人がたくさんいると思います。

残業、ありますか。

今ないですね。一時的に人が足りなくなったときは多少残業がありましたが、日々の残業はないですね。定時で帰ります。介護職の人数が足りない時に看護職の方が介護業務に入ってくれる、本当に助かります。いい職場です(笑)。